フジフィルム ファインピクスAV250について


FinepixAV250
兎にも角にも、ひとまず1600万画素級なのだ。凄いなあ、フジフイルムの技術は。

☆ジャンク度☆
無し
撮影可能


FinepixAV250 FinepixAV250
 レンズはライカ判換算で33〜165mmF2.9〜5.2の光学3倍ズームレンズを搭載。
 フジノン銘を与えているのは、ちょっと複雑な気分である。

FinepixAV250 FinepixAV250
 ひとまず1600万画素級の撮像素子を持つコンパクトデジカメが6000〜7000円で売っていたらしい。
 素晴らしいな、フジフィルムの技術は。

FinepixAV250 FinepixAV250
 電池室を兼ねた穏やかな形状のグリップは、それなりに効果がある。


FinepixAV250 FinepixAV250
 シンプルなレイアウトのボディ上面。

FinepixAV250 FinepixAV250
 価格に不相応な大型液晶ビュワーを搭載する。


FinepixAV250
 こんなカメラと言っては何だが、豊富な撮影モードを装備する。

FinepixAV250 FinepixAV250
 操作系は常識的なモノ。

FinepixAV250
 単三型電池2本使用でそこそこ持つ。
 エネループを使用したので、実際にアルカリ電池でどの程度持つか分からないな。

FinepixAV250 FinepixAV250
 単三電池採用モデルとしては薄型ボディを実現している。

 本カメラの登場は明確でないのだが、どうも2012年頃らしい。という書き出しを、本カメラの前のモデルであるファインピクスAV210の時も同じように書いてある。見てくれや基本性能からしてファインピクスAV100から始まるシリーズだろう。共通するのは「廉価」「軽量」「大型液晶ビュワー」「内蔵メモリ搭載」「単三電池仕様」である。ファインピクスAV100の時は1200万画素級の撮像素子だったが、ファインピクスAV210では1400万画素級になり、本カメラに至って1600万画素級の撮像素子になった。以前、イタリア旅行に行ったときにベネチアで質素だが品のいい熟年女性に撮影を頼まれたのだが、なんと渡されたのはプラクチカブランドのデジカメだった。なんでも、カメラを持ってくるのを忘れたので、その辺で買ったのだという。ファインピクスAVシリーズ(なんか嫌な響きだなあ)も、そういうプロパティを持ったカメラだろう。多くの東アジアを除く民族が買うカメラというのはこういうカメラだな。そういう購買層を考えると、撮像素子があまり大きくなってもメモリ管理が困る気がするが、きっと格安の8GBのSDHCを買って、大した枚数のカットを撮らないのだろうな。ロンドンドラッグの吊るしで本カメラとファインピクスAV210が並んでいて、本カメラとの価格差が5$くらいだったら、本カメラを選ぶのだろう。
 なんでも、本カメラの日本での発売価格も6000〜7000円だったそうだ。日本ブランドの1600万画素級のコンパクトデジカメの価格としては如何なものだろう。フジフィルムのブランド低下を招かなければいいのだが。もっとも、最近のフジフィルムのコンシューマユースのブランディングは慎重でXシリーズの評価は好意的のようだ。コンパクトカメラを除いて、フジフィルムが本気でコンシューマユースのカメラに力を入れるのは、過去の長い歴史の中で多くは無かったんじゃないかな。無論、フジフィルムのカメラやレンズは、昔も今も「本当のプロ」の信頼できる道具である。
 本カメラの素性はファインピクスAV100やファインピクスAV210で報告させていただいた通りなので、多くは綴らない。本カメラは、いわゆるグローバルベーシックモデルでリトアニア語やカザフスタン語までカバーする。ヤマハやスズキの125ccパワーソースのようなものだな。
 そういう生産マスでコストを下げるのがグローバリゼーションなのだろうが、日本人もカザフスタン人と同じカメラを使うようになったのだから、グローバリゼーションも恐ろしいものだ。
 ちなみに、拙僧は新疆ウィグル自治区を走る列車の食堂車にウズベク人にカザフ人と間違えられたことがあるよ。

 では、撮影結果(近所散歩編)を見て頂きたい。

(了:2016/12/14)

クラデジカメ系列メニューへ戻る
「意してプラカメ拾う者なし」へ戻る