拙僧、インターネットオークションだけは絶対にやるまいと心に決めておったのだが、その禁を破ってしまった第一号が本カメラである。送料の方が高くついてしまう程の落札価格であった。尚、幸いな事に本項執筆時は、まだ第二号はない。
 本カメラはフジフィルムがファインピクスシリーズを販売する前に存在した、クリップイットというシリーズの一台である。発売はDC−3とほぼ同時期である。35万画素というのは当時の一般的ではあるが、スマートメディアを使用するのが文字通りスマートである。光学ファインダーと液晶ビュアー付き、レンズはパンフォーカス(固定焦点)で焦点距離はライカ判で38mmに相当する。巨大なエプソンのデジカメや、凝ったデザインのカシオやリコーのデジカメに比べ、普通のコンパクトカメラの形をしているのには好感がもてる。


光学ファインダーとレンズ。


スマートメディア対応。

 創生期のデジカメだけあって、インターフェースが煮詰め切れておらず、煩雑さを感じる。本カメラはジョグダイアルに、以下のモードを割り振っている。

 ・セットアップモード
  ストロボモード、シャープネスレベル、ビープ音、日時などの設定モード。

 ・セルフタイマー撮影モード
  セルフタイマーを使用した撮影モード。

 ・マニアル撮影モード
  露出補正、ストロボ補正、ホワイトバランスを設定できる撮影モード。
  本モードでは、撮影時に必ず撮影画像を保存するか否かの確認を行う。

 ・通常撮影モード
  通常の撮影モード。
  ストロボモードや露出補正等の設定はできない。

 ・再生モード
  再生モード(そのまま)。

 ・消去モード
  1画像の削除、及び全画像の削除を行う。

 ・プロテクトモード
  1画像のプロテクトや解除、及び全画像のプロテクトや解除を行う。

 ・PCモード
  PC間の画像の転送を行う。


現在のデジカメに比べてジョグダイアルに割り当てる機能が非効率である。

 ストロボモードの変更が撮影時に行えないのは非常に面倒である。また、折角実用になる設定項目がマニアル撮影モードで行えるにも関わらず、撮影時に必ず撮影画像を保存するか否かの確認メッセージを表示する為、いちいち実行キーを押さなければならないのも面倒だ。また、再生モードと消去モードやプロテクトモードが分かれているのは、現在の視点からは意味が無いように思える。
 液晶ビュアーは見易い方ではないと思う。特に直射日光が液晶に直に当っている場合には殆ど何が写っているのかわからず、マクロ撮影では勘に頼らざるを得ない程である。


液晶ビュアーの見え具合は、あまり宜しくない。

 さて、マニアル撮影モードの不満点を述べたが、同時に本カメラは同世代のコンシューマー向けデジカメと比べ、豊富なマニアル設定が行えるカメラという事ができる。例えば興味深いのは、本カメラは絞り優先AE機である事だ。カメラを構えて左側にマクロモードの切り替えスイッチと並んで絞り選択スイッチを配置している。選択できる絞りはF3.1とF8の2種類のみだが、これはなかなか凝った仕様である。QV−11にも低輝度・高輝度の切り替えスイッチがあったが、あれはフィルターによる切り替えであった(多分)。露出がオーバー、若しくはアンダーである場合、ファインダー脇の絞り切り替えLEDが点灯し、液晶ビュアー上には絞りの切り替えを示唆するシンボルマークを表示する。勿論、構わずレリーズするとオーバーなりアンダーなりの画像となってしまう。ならば自動にしてしまえばいいと普通は思うのだが、わざわざマニアルの要素を残してくれたのは粋な計らいだと拙僧は思う。


絞り切り替えスイッチ。


ファンダ脇の絞り切り替えLED。

 また、本カメラは設定モードにて「コマ数Noメモリ」をONにする事で、メディアをフォーマット、ないし別のメディアを使用した場合にも直前のファイル番号を記録し、ユニークな画像ファイル名を割り振る機能がある。残念な事に、拙僧が実用で使用している後裔機のファインピクスF401では省略された機能である。おかげで、同一フォルダに別の機会に撮影した画像をコピーする場合にファイル名の変更が必要となり、非常に面倒な作業となっている。フジフィルムは、何故、このような重要な機能を省略してしまったのであろうか?


グリップが擦り切れが、前オーナーの使用頻度を伺わせる。

 画質は35万画素クラスのデジカメの中ではトップクラスだと思う。DC−3の時も同じ事を書いたが、本カメラの方が鮮やかな色彩の画像を再現する。また、逆光は同じく弱いがラチュードは本カメラの方が豊かなようだ。本カメラはDC−3に比べ、多彩なマニアル機能を搭載する代わりに、DC−3のような優れたマクロ機能は無い。形状も随分違うし、DC−3は内蔵メモリのみで外部メモリの使用ができない。今更数百円でインターネットオークションで落札したいと考えている(拙僧のような)酔狂な方は、その辺りを踏まえて自分の撮影スタイルにあったデジカメを選択するのが良いだろう。


では、作例を見て頂きたい。
フジ CLIP−IT DS−20


☆ジャンク度☆
不具合無し
撮影可能