コニカ レビオCL(逆輸入?)について


RevioCL

☆ジャンク度☆
不具合無し
撮影可能


KonicaRevioCL KonicaRevioCL
 脱着式の自分撮り用ミラーは折り畳み出来る。

KonicaRevioCL
 25mmの単焦点レンズを搭載。F値は6.7、暗いなあ。

KonicaRevioCL KonicaRevioCL
 赤目軽減モード、セルフタイマーモード、自分撮りモード、連射モードを選択できる。
 フラッシュ発光禁止モードが無いのがスナップカメラとしては使い辛いなあ。

KonicaRevioCL KonicaRevioCL
 基本的にはシンプルなカメラだ。
 底部の「RVCL−MJ」の記載に注意。

 本カメラにはちょっとしたイワクがある。どう見てもコニカのAPSコンパクトカメラである「レビオCL」なのだけれども、本来ボディ上部に有るべき「RevioCL」の記述が無いのだ。拙僧の想像だけれども、これはコニカが海外向けに発売したものが何らかの経緯で日本のハードオフのジャンクコーナーに流れ着いたのではと思う。拙僧在住の地域は南米からの移民者が多いのでそちらの方面と考えられる。ボディを見まわすと底に「RVCL−MJ」の記述があった。「レビオCL−MJ」の略称なのであろうか?ちなみにメイドインチャイナなので「逆輸入」は本来正しくないな。
 レビオCLは単焦点レンズそ搭載し、軽くて小さいのが売りの端的に言うと「女学生向け」カメラである。特徴的なのはファインダーに自分撮り用ミラーを取り付けできる事で、ちょうどプリクラの2ショットと同様なフレーミングが可能だ。ものの資料によるとAFユニットを搭載しているらしいけど、拙僧の扱った限りでは怪しい感じで、自分撮りモードではフラッシュが強制発光になるし、絞って被写界深度を稼いでるだけかもしれない。よくよく調べると、通常撮影モードで最短撮影距離は0.6mで、自分撮りモードでも0.5mだというからあまり存在意義を感じない。実際、通常撮影モードで自分撮りを試したけど、それなりの写真が出来た。腕の短い女性の場合は重要なのだろうか?「素肌美人」などのフィルムを販売するコニカのカメラだから、フラッシュでオーバー気味の写真の方が何かと都合が良いといったノウハウがあるのかもしれない。
 とりあえず、携帯電話にカメラが搭載されるようになった需要の一端はそういった撮影にあったのだから、そう言った意味では先見の目があったと言えるだろう。もっとも、その開拓者はアトラスの「ぷりんと倶楽部」にあったのは間違いなさそうだけれども。その後、レビオシリーズはデジカメに襲名されていったんだけれども、それもミノルタとの統合で消えてしまったようだ。ちなみに本カメラのプライスタグは350円。フィルムが2本で1000円位するからAPS趣味は難しいなあ。
 カメラの機能は必要最低限しか搭載しておらず、フラッシュの発光禁止も出来ない。

   では、撮影結果を見て下さい。

(了:2006/03/31)


カメラメニューへ戻る

「意してプラカメ拾う者なし」へ戻る