ペンタックス M135mmF3.5の撮影結果(犬山春祭り:モノクロ編)


 地味なスペックのレンズだが、軽快なので稼働率の高いレンズである。実際、バリ島旅行にも使った。無論、写りも申し分なく、馬車馬のように使えるレンズである。の割に、埃に無頓着なので皆様にもペンタックスにも申し訳ないのだが、これも拙僧のやっつけ仕事と許して頂きたい。
 今回は何本か処理をして数日経過したD-76を使用したのだが、少々疲れたていたのか温度管理が不味かったのか、アンダー気味なネガになってしまった。しかし、ネガをフラットヘッドスキャナーで読んだところ、黒の締まったなかなか見れる写真になっている。ソフトウェア万歳だ。













































カメラメニューへ戻る
「意してプラカメ拾う者なし」へ戻る