キヤノン L100mmF3.5の撮影結果(ポートモデル撮影ADOX編)


 ADOXのシルバーマックス21で撮影したモノである。ADOXのフィルムのバラエティーは知らないのだがシルバーマックス21はISO100のフィルムである。現在でもモノクロのポジフィルムを製造している数少ないメーカーである。ちなみにDXコードには対応していない。そのことに気づいだのは撮影後だったが使用したカメラがキヤノン7だったし、晴天下でアクロスと併用したから問題はなかった。
 ADOXはドイツの感材メーカーとしては老舗で一時期はカメラ本体も作っていた。拙僧もポロなどを持っている。感材メーカーらしく、簡素で良く写るカメラだ。
 今回はアクロスと撮り比べてみた。現像は自家現像でD-76を使ったかSPDを使ったかは覚えていない。いずれにしろ初夏の頃に現像したので液温は適切で現像しやすかった。拙僧の常として現像時間は押している。拙僧の拙い目ではアクロスとの違いを断言できないが、粒子も節度よく女性の肌をなだらか艶やかに再現していると思う。光線状態によって調子が変わることもなく、晴天下でも日陰でも安定したフィルムではないだろうか。

























 撮影結果(ポートモデル撮影アクロス編)もご覧頂きたい。


カメラメニューへ戻る
「意してプラカメ拾う者なし」へ戻る