エプソン CP−500 作例


左はフラッシュON、右はフラッシュOFFによる画像である。ノイジーではあるが、ある程度は暗いシチュエーションでも粘るようだ。


直線で構成された被写体ではエッジがジャギーになる傾向がある。レンズによる湾曲は目立たない。


室内撮影。本作例では、少々解像度不足が目立つかもしれない。


枝のエッジは荒いが、梅の花のふくよかさは再現していると思う。


こういった被写体はもやっとしていてしまりがない。


ツーリングのスナップ。


逆光はこんなもの。