エプソン CP−200


CP-200

☆ジャンク度☆
不具合無し
撮影可能


 本カメラは、あの冗談のような大きさで派手な発色のCP−100の後裔機である。外観からは、ボディが小型になって普通のカメラに近くなった他はデザインもCP−100を継承している。CP−100の巨大なグリップ(?)を縮めれば本カメラになる。発売当時は外付けの液晶ビュワーを標準で装備していたらしいのだが、拙僧の手元には無い。外観から写り具合もCP−100から変わっていないかと思っていたのだが、実際撮影すると随分写りが向上しているようで正直びっくりしてしまった。

CP-200&CP-100 CP−100と大きさを比べてみる。


CP-200&CP-500 後裔機のCP−500と大きさを比べてみる。

 外観をざっと見回しても、本カメラとCP−100とは大した違いが無いように見える。また、基本仕様も標準的なデジカメ黎明期のもである。35万画素で液晶ビュワー無し、記憶は内蔵メモリのみにて行い外部媒体の使用は出来ないが、ノートパソコン用メモリを使用し内臓メモリを増やす事ができる。それによって撮影枚数を増やす事が出来るようだ。ちなみに、標準での撮影枚数はHiモードで30枚だ。その他、フラッシュ付きで固定焦点(パンフォーカス)、電池は単三電池を4本使用。基本仕様に大した差は無い。
 前述の通り発売時には外付けの液晶ビュワーを標準装備していたのだが、拙僧の手元には無い。インターネットサーフィンによれば液晶ビュワーをつけるとはるか巨大になり、液晶画面その物の出来の悪さもあって使い辛い代物であったようだ。

connect 内蔵メモリコネクタ。

connect 外付け液晶ビュワー用コネクタ。

 レンズ横のスライドスイッチにて電源投入を行い、同時にレンズカバーが退避しレンズが露出する。撮影枚数の確認、電池残容量の確認、フラッシュモードの選択は右肩に位置する小さい液晶画面とスイッチにて行う。撮影枚数と撮影可能枚数の表示は2桁の7セグメントの液晶にて表示する。

connect 液晶表示。

connect 液晶表示画面の横には操作注意書きのステッカーが張ってある。

一見CP−100と大した差の無いような本カメラであるが、実は内部はかなり改良されているようだ。この事は撮影した画像を見ればよく分かる。まず、再現画像が全体的にシャープになりCP−100で感じていたもやっとした感じが薄れている(あくまでも35万画素のデジカメとしてだが)。インターネットサーフィンによる調査ではレンズが変わって画像周辺部の収差がなくなっているそうだが、拙僧にはこの違いは良くわからなかった。

connect 露出したレンズ。一見、CP−100と変わらないが、改良されているようだ。

明確に異なるのが色の再現である。CP−100ではとこか作為的な鮮やかさを感じていたが、本カメラで撮影した画像は鮮やかながらも嘘が無いと感じる。特に不安定であったホワイトバランスが改善されており、同じ色の被写体を撮影しても画像の色調が次々と変ってしまうことは無かった。カメラとしての質はかなり向上したといえるだろう。  こうなると本体にマクロ撮影機能が無いのが非常に残念である。実は外付けの液晶ビュワーを装着するとマクロ撮影ができるらしいのだが、拙僧は持っていない。実際のマクロ撮影はビューファインダーを使わないと出来ないだろうと言う意味なのであろうが、ボタン一つ本体側に付いていればそれなりに楽しめたと思うと残念である。

connect 電池室の蓋。非常に開け辛い。

connect PCへのシリアルケーブルコネクタ。

 本カメラの弱点は異様に電池を消費することである。後裔機であるCP−500で使用できた電池が本カメラで使用できなかったりする。その際には、電池残容量の表示は残有りを表示し、カメラのスタンバイダイオードがスタンバイにならないという状態になるので、初めは壊れてしまったのかと思い思わずばらしてしまった。案外、カメラ屋でも壊れていると思ってジャンク箱に放り込んだのかもしれない。プライスタグは105円であった。
 また、本カメラが作成する画像ファイル名はユニークな物の、日本語を使用しているために少々厄介である。この辺りもCP−100を継承している。


connect 短気な拙僧は思わずばらしてしまった。

connect ファインダ横のダイオード。上の赤のダイオードが点灯すると処理中。下の緑のダイオードが点灯するとスタンバイ。

 本カメラは35万画素級のデジカメとしては再現画像は良い物の、マクロ機能などの取り立てた特徴が無く、また液晶ビュワーも無い為、現在での使用の異議に欠けたカメラであると言える。ただし、本カメラの付属ソフトは非常に扱いやすい。  将来「35万画素を使い切る」コーナーで本カメラも登場できればと思っているのだが、どうであろうか?

connect のっぺりとした後姿もCP−100譲り。

 では、作例を見て頂きたい。