シグマ 30mmF2.8の撮影結果(モデルポートレイト撮影編)


Sigma30mmF2.8

☆ジャンク度☆
無し
撮影可能


Sigma30mmF2.8 Sigma30mmF2.8
 ルミックスDMC−G3に付けてみる。
 試作品のようなそっけないルックスに好感触。

Sigma30mmF2.8 Sigma30mmF2.8
 マウント座金がちゃんと金具なのに注目。

 かつては安レンズの代表であり、今でもジャンクコーナーでMF時代のズームレンズが大量に転がっていれば、それがシグマだ。しかし、現在では明確なコンセプトと高品質でニッコールやツアイスと比較するほど評価が高いブランドに成長している。ツアイスとは言っても、やはり安ブランドだったコシナが設計・製造しているのが関心深いところだ。
 現在のシグマは「Contemporary」「Art」「Sports」の3ライン(カテゴリー)で製品群を構成している。本レンズは「Art」に属する。「Art」ラインのポジションだが、シグマの公式HPでは「あらゆる設計要素を、最高の光学性能と豊かな表現力に集中して開発。高水準の芸術的表現を叶える。アーティスチックライン」とある。よくわからないのだが、ラインナップを見ると「大口径」「魚眼」「超広角」といった主に特徴を持った単焦点レンズを指しているようだ。「Contemporary」は贅沢な標準ズームレンズや望遠ズームレンズ、高倍率ズームレンズを指し、「Sports」は主に望遠/超望遠ズームレンズに特化している。本レンズは廉価なレンズだが、「Art」だからといって安い訳ではなく、モノによっては純正レンズよりも高価なレンジのレンズも存在する。もっとも、本レンズは実売1.8万円ほどのカジュアルに交換レンズを楽しんでほしいというコンセプトで生まれたものだ。
 本レンズは19mm、30mm、60mmと3種類のレンジと共に登場した。一説によるとシグマのフォベオン(FOVEON)を搭載したコンパクトデジカメ、DPシリーズの光学系を流用したとされる。拙僧などは、その辺りで本レンズのシリーズに関心を持ったのだが、DPシリーズはフォベオンを活かすために特化した設計になっており、マイクロフォーサーズの撮像素子で同じ効果を期待するのは筋違いであったな。とはいえ、本レンズの魅力は何ら遜色は無い。実は拙僧が欲しかったのは60mmF2.8であった。当時、ポートレイト撮影に傾倒していたので中望遠が欲しかったのだ。ライカ判換算だと120mmになる。対抗はオリンパスの45mmF1.8だが、これは90mmになる。開放値のアドバンテージがあるが、拙僧はポートレイトには少し長い玉の方が好きなのでシグマに関心があった。ところがキタムラで30mmF2.8の中古が8000円台で転がっていたのである。30mmだと60mm相当になり、ちょっと長い標準レンズになるが、それだってポートレイトには行けそうなものだ。むしろ万能レンズとして効果的と思えた。何しろ値段がイイ。即効でゲットだ。
 ブツはいわゆる初期型でケースや元箱も付いていた。ロクに使っていないだろう。鏡筒は樹脂製を隠してもいないが、マウント座は真鍮製で肝心なところはケチっていない。これが実売1.8万円のレンズかと思うと感心するな。振るとカタカタ音がするのだが、これはフォーカシングを無音にするリニアモーターの設計上の制約らしく、分かっていれば特に気にはならない。これをネガティブに評価するコンテンツもあるのだが、それが原因で写真がヘタなら仕方ないな。外観はシンプルだが拙僧の個体は縦筋のモールドがある。現行品はツルンとして更にシンプルになっている。
 写り具合は拙僧の戯言なので話半分で御了承いただきたい。パナソニックのルミックスDMC−G3とルミックスDMC−GF5で撮影したが、晴天下ではシャープな写りである。しかし、モダンなデジ用レンズとしてはちょっと軟調でキレ過ぎない所が好ましい。発色も美しいのだが過剰にビビットではなく、自然に近い(とはいえデジカメらしい作った感じは否めないが)感じだ。特に何故か女性の肌がナチュラルに写るのでポートレイトには適切だ。最短撮影距離は30cmと常識的だが、ライカ判換算で60mmのレンズだからSNS用のカフェフォトにも対応できるだろう。ちょっと気になるのは絞りが綺麗でないときがある。開放ではそれなりに美しいボケ具合になるのだが、絞り値によってはリング状のグルりとしたボケになる。ルミックスGF5で撮影した夜景は安定した美しさであった。
 ライカ判換算で60mmのレンズに評価を期待する方や、廉価にレンズ交換を楽しみたい方は注目してよいレンズである。
























































 では、撮影結果(妻籠宿散歩編)もご覧いただきたい。

クラデジカメ系列メニューへ戻る
「意してプラカメ拾う者なし」へ戻る