ソニー E55〜210mmF4.5〜6.3 OSSの撮影結果(フラリエ撮影会)


E55_210mmF4.5_6.3
NEXには不釣り合いなボディマスを持つが、それこそがソニーの意思たるところだろう

☆ジャンク度☆
無し
撮影可能


E55_210mmF4.5_6.3 E55_210mmF4.5_6.3
 標準ズームレンズに比べて圧倒的なボディマス。
 本来はこのくらいのボディマスはあってしかりだが。

E55_210mmF4.5_6.3 E55_210mmF4.5_6.3
 フードをつけると、さらに立派な姿に。

E55_210mmF4.5_6.3
 ボディ装着時の違和感にソニーはしたり顔だろう。

E55_210mmF4.5_6.3 E55_210mmF4.5_6.3
 何かと突っ込みどころはあるが、APS判の撮像素子に対応するのは魅力的だ。

 全くシステム化するつもりの無かったソニーNEX用Eマウントレンズだが、やっぱり使いモノになると望遠ズームレンズも欲しくなるものだ。望遠ズームレンズもEF−Sマウントの様にすっかり安いものではないからキタムラネット中古で2万円弱はした。しかし、その当時の拙僧の師団は大粛清で装備の調達も容易であった。なので、ついカートに入れてしまい。お買い上げとなったのだ。
 本レンズの性能は拙僧には語る資格はない。今時の望遠ズームレンズが悪いわけはない。もっとも、標準ズームレンズの方はビックリするような暴れん坊だったので油断はできないが。しかし、設計的にはイメージサークルの小さいAPS判の望遠ズームレンズの設計は楽だっただろう。それに、標準ズームレンズが素晴らしくコンパクトなのに対し、本レンズは素晴らしく大柄だ。本来、ライカ判換算で82.5〜315mmF4.5〜6.3相当の望遠ズームレンズが、このくらいのボディマスがあっても当然なのだろう。標準ズームレンズの方が無理して気張っているのだ。拙僧の基準点からすると写りも満足なものである。
 不思議なのはポートレイト撮影で逆光で撮ると、例の「髪の毛の輪郭が輝いて黄金色になる効果」を発揮する。拙僧はボディの設定をあれこれいじったりしないので、標準設定でも、そのような塩梅になるような画像処理を行うのだろう。これはレンズの特性というよりも画像処理ソフトの裁量という気がするな。
 とにかく、標準ズームレンズは油断は禁物だが、本レンズは安心してカメラとレンズ任せで撮影できる。
































































 では、撮影結果(犬山城ポートレイト撮影編)もご覧いただきたい。

クラデジカメ系列メニューへ戻る
「意してプラカメ拾う者なし」へ戻る