コシナ20mmF3.8
コシナ20mmF3.8について
 新品で実売1万円台前半と20mmと言う超広角レンズとしては破格の価格で入手が可能です。最短撮影距離は0.2m、フィルタ径φ62mm。
 大変綺麗なカラープリントを作成できますが逆光には弱く、気をつけてもゴーストやフレアは避けられません。フードを装着しても余り改善しないので割り切って使う必要があるでしょう。フードはニコン20mm用の物が使用可能ですが、改善しているのかなあ?管理人はカッコ良いのでなるべく使用しています。2段ほど絞らないと周辺光量落ちは改善されませんが、それでは自分の写真が歪むと言う方はこのレンズは使用しないほうが良いでしょう。開放での描写は不安定である為、最低でもF4に絞ることをお勧めします。絞りリングにクリックは無いのですが、大体の目見当で構わないと思います。モノクロのトーンは可もなく不可も無く特筆すべき物では有りませんが、普通の超広角レンズをこの価格で量産できる事にコシナの技術を感じます。6ツ切に引き伸ばしてもピントは良く、歪みも感じません。コンパクトであり、安価の割には質感も各種リングの操作感も良好です。ずばり、買いでしょう。雨のエンデューロで惜しみなく使えるレンズです、価格的に。
 本レンズを中古で購入するのはお勧めできません。中古購入されたオーナーの複数のHPで描写の不満が訴えられているのを見た事があり、どうやら製品誤差がある様です。恐らく、全オーナーも不満を感じて手放したのでは無いでしょうか?実売価格の安いレンズなので新品購入をお勧めします。
 管理人はEMを購入後、暫くの間は本レンズとAi50mmF1.8の2本体制でツーリング・レース撮影を行っていましたが、ほぼ8割は本レンズで撮影しました。

  
水着撮影会
尻のボリュームを強調しようとぐぐっとよってました、如何でしょう?ポートレイト撮影では、他のカメラマンのレンズや三脚等の余計な物が写り込まない様に注意が必要です。
紀伊半島ツーリング
コニカ・インプレッサ50を使用、決まると実にグラデーションの美しいフィルムですが、プリント時にオペレータの技量を必要とする様です。
2001年北京
超広角と言うのは人ごみや狭い場所で特徴の生かせるレンズだと思います。
ピットアウト
泥だらけになりながらの撮影に向いた良いレンズです、コシナの技術力に頭が下がります。高額なレンズではとても出来ません、惜しくて。
夫婦船
海へ山へと惜しみなく投入できる戦闘的なレンズです。ゆがみも無く、非常にビビットで美しいカラープリントが作成できます。逆光では難しいレンズなのですが、幸い作例では対した影響は出ていません。

カメラメニューへ戻る
「意してプラカメ拾う者なし」へ戻る