キヤノン オートズーム518スーパーについて


Autozoom518Super

☆ジャンク度☆
電動ズーム不動
作動音大
撮影可能




Autozoom518Super Autozoom518Super
 当時は高価なシネカメラだったと思うのだが、あまりに落札価格が低くかったせいか高級感を感じない。
 電動ズームは勿論壊れている。


Autozoom518Super
 9.5mmから始まる5倍ズームを搭載、明るさは通しでF1.8。
 最短は1.2m、マクロ機能が欲しいなあ。


Autozoom518Super Autozoom518Super
 露出計用電池としてMR9を2個使用。
 グリップ部のダイヤルにてマニアル露出が可能。但し、露出計用電池が必要なんだなあ。


Autozoom518Super Autozoom518Super
 駆動用電池はボディ上部に3本、グリップ部に1本の単三電池を使用する。
 キヤノンはこういう変則的なレイアウトに疑問なし。


Autozoom518Super
 グリップ部の切り替えスイッチにて超スローモーション撮影可。
 フィルムがもったいないので拙僧は絶対やりません。


 「キヤノン オートズーム518スーパー」と言うカメラはキヤノンカメラミュージアムで名前を見たくらいでそれほど関心は無かった。既にシングル8版の「シングル8−518」を入手していたので、それのスーパー8版だろう位にしか認識していなかった。似たような名前でオートズーム518SVスーパーという名機をキヤノンは発売しているが、それにもシングル8版があって都合5種類の518と名のついたシネカメラがある。ちなみにキヤノンが始めて発売したスーパー8シネカメラはズーム518スーパー8だ。ちょっとややこしくないかい、キヤノン?
 そんな訳で、拙僧の頭の中では存在感が薄かった本カメラだが、あまりにも低い入札価格を掲示していたので目に留まってしまったのだ。その価格は100円。拙僧はこのカメラの現役時代を知らないのだけれども、特別に廉価機として登場した訳ではないだろう。幾らでビットを入れたのかは覚えていないが、入札開始価格のままでそれは落札されてしまった。ちなみに「シングル8−518」のアウトフィット(ケース、フィルター等など付属、完動品)は1000円で落札した。8mmシネカメラの価値の暴落は簡単に喜べ無い物があるなあ。
 それはさておき、早速手にとって見る。単純に「シングル8−518」のスーパー8版と思いきや、似ているのはボディのボリュームとレンズ位で殆ど共通点は無い。操作上の違いについては、まだシングル8−518での撮影を行っていないので、そちらの撮影レ後にポートしたい。
 構造的にトリッキーだと思うのが電池室で、1本の電池はグリップ内に格納して残り3本はボディ上部に格納する。キヤノンの他のシネカメラでもこう言ったレイアウトは見るのでキヤノンは気にしないのだろう。まあ、取り説無し中古を買う我々は不思議に思ってしまうのだが、ハテナと思うのは初めだけだ。電池は単三電池を使用し、他に露出計用のMR9を使用するのはこの時代のカメラのデフォルトである。電池室は鏡筒の根元にあるのですぐ判る。気をつけなければならないのは露出計電池を入れないとマニアル露出撮影も出来ない事だ。年代物の内蔵露出計を使うくらいなら己の経験で撮影したい御人もしぶしぶバルタの代用電池を2つ買って欲しい。
 ファインダーはマイクロプリズムだがマット面でもできるしその方が拙僧にはやり易かった。勿論、望遠側でフォーカシングを行った後に画角を調節する手順である。どこかのページで「エルモ106以外はマット面でフォーカス調節もできない」と言った主旨の記事を書いた記憶があるのだけれども、拙僧もやっとシネカメラのフォーカシングに慣れてきたのだろう。嬉しいなあ。他にグリップ部のスイッチの切り替えでスローモーション撮影ができるそうだ。1秒間に40前後のコマを送るそうなので効果は期待できそうだけれども、フィルムが惜しいので拙僧はやりません。
 動作チェックで問題なさそうだったので撮影に望んだ。結果のフーテージを確認すると初めの数秒のコマは画像が流れるように崩れてしまっていた。これは参ったと思ったのだがそれ以降は問題が無く映写ができた。原因はわからないがグリスでも固まっていて廻しているうちに正常になったのであろう。取り立ててとっぴな機能は無いが、素直で使い易いシネカメラである。これでマクロ機能が有れば文句なんだけどなあ。
 ところが、何とも悲しい事に育映社がスーパー8の現像サービスを止めてしまったのだ。どうやら現像機材一式をレトロ通販が引き継いだようなのだが、今のところ何のインフォメーションも発していない。何れにしろランニングコストが上がってしまうのは確定的なので、本カメラを含めたスーパー8シネカメラの稼働率は下がってしまうだろう。
 尚、本カメラはISO64に対応しているので新しいエクタクロームの使用が可能だ。

(了:2005/11/28)

カメラメニューへ戻る
「意してプラカメ拾う者なし」へ戻る