タムロン 80~210mmF3.8~4 その1


TAMRON80_210mmF3.8_4
どこのジャンク籠でも転がっている安ズームレンズである

☆ジャンク度☆
不具合無し
撮影可能

TAMRON80_210mmF3.8_4 TAMRON80_210mmF3.8_4
 どこのジャンク籠にも転がっているタムロンの安ズームレンズを使ってみる。

TAMRON80_210mmF3.8_4 TAMRON80_210mmF3.8_4
 程度は悪くない。マウントアダプターはKマウント。

TAMRON80_210mmF3.8_4
 なかなか悪くない質感である。

TAMRON80_210mmF3.8_4 TAMRON80_210mmF3.8_4
 直進ズームの使い勝手は悪くない。

 見事にどこのジャンクコーナーでも転がっているレンズである。外観や質感はエッジも利いていて悪くないルックスである。あまりにも安いので一つ拾ってみたのだが、安かろう悪かろうとも思い、全く使っていなかった。しかし、やっと重い腰を上げて使ってみたのである。
 出来あがりはフラットでかつデリケート。拙僧のように濃いネガが好きなモノからすると、なかなか難しいレンズという印象である。フラットヘッドスキャナーで読み込んだ画像は優しく好ましいのだが、こういう薄いネガは焼き辛いのだ。多分、カラーネガでプリントするには問題にならないのだろう。































カメラメニューへ戻る
「意してプラカメ拾う者なし」へ戻る