SMCペンタックス 45〜125mmF4の撮影結果(水着モデルモデル撮影編)


SMCPENTAX45_125mmF4

☆ジャンク度☆
無し
撮影可能


SMCPENTAX45_125mmF4 SMCPENTAX45_125mmF4
 なかなかの長さだが、光学的な左京の無さを勝手に感じる。

SMCPENTAX45_125mmF4 SMCPENTAX45_125mmF4
 どうも、フォントの違うモデルが存在するらしい。

SMCPENTAX45_125mmF4 SMCPENTAX45_125mmF4
 2〜3本を持っているのだが、1本は確実に修理している。

 以前、シグマの方とお話をさせて頂いたことがあるのだが、本レンズはかなりリキを入れたレンズだったそうだ。撮影倍数こそ0.5倍だが、抜群にコンパクト。タムロンの90mmF2.8マクロの半分くらいの軽さなのだ。拙僧のように機動力重視だと、取り回しの良い使い勝手の良いレンズなのだが、やはり等倍撮影ができないとケチがついて大成功とはいかなかったようだ。
 登場は今から20年近く前のフィルム時代のレンズなので、キヤノンマウントだとデジEOSが認識しなかったりするらしい。また、ZEN仕上げがデロデロになっている個体も多いので安くても使いづらいところがあるが、Fマウントやαマウントで、外装も良好な個体があれば廉価なので試していだたきたい。

本ページの画像はニコンD70sで撮影した。



































































 では、撮影結果(近江八幡左義長祭りカラー編)もご覧いただきたい。

クラデジカメ系列メニューへ戻る
「意してプラカメ拾う者なし」へ戻る