コダック スナップキッズ


KODAK_SnapKids
コダックが元気だったころのレンズ付きフィルム

☆ジャンク度☆
無し
撮影可能


KODAK_SnapKids
 レンズ銘の「EKTANAR」が往年を感じる。


KODAK_SnapKids KODAK_SnapKids
 レンズ付きフィルムとして常識的なパッケージング。

色々なカメラの手に入れ方がある。勿論、スタンダードなのはカメラ屋で新品を買うことなのだが、拙僧のようなクラスが底辺の人間は中々できることではない。それで、中古カメラとかジャンクカメラを拾うのだが、一番、クレバーなのは「人から貰う」であろう。血縁者でもない方から、曲がりなりにも一眼レフカメラを貰うというのは対人関係構築能力も自己アピール能力もイイ線いっている証だ。多分な。
拙僧は価値からしたらタダ同然のジャンク物とかネットオークション落札物をちょいちょい買うので、そういうのを拾い物として「買った」ではなくて「拾った」と表現する場合が多い。しかし、実際に本当に拾う可能性だってある。拙僧はカメラを一時的にその辺に置いて、そのまま忘れて慌てるということが多々ある。幸い日本なので、そのペトリだのビビターだのを持ち帰る奇特な方がいないだけのことだ。勿論、カメラを拾ったら交番に届けなければならないのだが、「レンズ付きフィルム」だとねえ。勿論、北京やサンパウロじゃないから警察官も真面目に調書を書いてくれるだろうが。1年後に所有権破棄で返されてもねえ。
そういう事情で拾ったコダックスナップキッズである。端的に言うとコダックの「写るんです」だな。見たら3~4枚しか撮影していない。拙僧は個人情報秘匿としばしば喧嘩をしたくなるので、これは神が「エクタナー」を使う機会を下さったのだと思った。それで、さっさと撮影すればいいのだが、拙僧も「フィルムで撮るときは気合の入ったとき」なので「レンズ付きフィルム」の当番は中々ない。結局、拾ってから7年くらい経って、実際に撮影してみたのだ。これって、民法では時効なのだろうか。当然、フィルムの使用期限を大幅に超過しているのだが、それなりに見えるネガが返ってきた。流石、コダックだなあ。


期限が切れて5年以上経過していたが、それなりにこってりとした発色。





















これは元々入っていたカット。
どうも、バイク屋が落としたのか置いておいて忘れたようだな。



ちなみにフラッシュを使用したカット。

(了:2013/5/30)

カメラメニューへ戻る
「意してプラカメ拾う者なし」へ戻る