キヤノン FD135mmF2.8 撮影結果(田原祭り編)


GR10
コンパクトで取り回しの良い135mmF2.8

☆ジャンク度☆
無し
撮影可能


GR10 GR10
フードを内蔵する

 本レンズはいわゆるNewFDレンズである。キヤノンミュージアムによると1979年に3.5万円で発売している。ちなみにNewFDの135mmとしては135mmF2と135mmF3.5が存在し、前者は本レンズの倍の価格帯、後者は1万円ほど安い。勿論、1970年代の1万円だから現在の感覚とは異なろう。
 本ページの写真はキヤノンAL-1にFD135mmF2.8を付けて撮影したものである。AL-1はあまり高い評価で語られることはないが、Aシリーズとしては後期に登場したもので、いわゆるシャッターの鳴きの発生も無く、シャッター速度優先AEに拘りが無ければ使いやすいと思う。電池だって廉価な単四型電池仕様である。もっとも、過去に前触れもなく突然死した経験もあるのだが、1980年代初期の電子カメラを使う覚悟があればよい仕事をするだろう。
 










































カメラメニューへ戻る
「意してプラカメ拾う者なし」へ戻る