フォクトレンダー ベッサR2


BessaR2

☆ジャンク度☆
不具合無し
撮影可能


BessaR2 BessaR2
 ビット付きの綺麗な個体を廉価に手に入れた。
 実際の撮影にビットは使ったことが無いのだが。

BessaR2 BessaR2
 ビットには適度な大きさのグリップが付いている。

BessaR2 BessaR2
 ビットはこんな風に格納。
 「VOIGTLANDER」のロゴ入り。

BessaR2 BessaR2
 オーソドックスが嬉しい、軍幹部の操作系。

BessaR2 BessaR2
 マウントはライカMマウント互換のVMマウントなのだが、Lマウントアダプター付きで譲っていただいたのだ。

BessaR2 BessaR2
 お蔭で安普請のソビエトレンズが使える。

BessaR2 BessaR2
 距離計機にとって命のファインダーは素晴らしい出来である。
 ブライトフレームはレバーで切り替える。

BessaR2 BessaR2
 操作はあくまでも常識的。
 巻き戻しクランクの軸が回転するので、フィルム巻き上げ不良の確認ができる。

BessaR2 BessaR2
 フォントも渋い。

 ベッサRはまだニコンF4がまだ5万円近くしたころに中古をいじったことがある。なるほど、ファインダーは素晴らしいがボディは裏ブタがペコペコして、使いなれたニコンFM10を髣髴するものであった。なので、2.8万円のプライスタグでは買いたい欲求は生まれなかった。今ではニコンF4は1万円かそこらだろうがベッサRもその辺りで頑張っているようだ。
                ☆           ☆
 好意から友人のビット付きベッサR2を格安で譲り受けたのは2年ほど前である。記憶にあるベッサRと比べて質感が飛躍的に向上していた。梨地のトップカバーと貼り革には高級感があり、なにしろ立てつけが抜群によくなっていた。これは既に安カメラのクラスではない。しかし、ほとんど稼動しなかった。ファンダーは美しいのだが距離計部が拙僧には小さく、光の加減では見えづらかった。これはベッサR2に欠点ではなく、一眼レフカメラに慣れた故の戸惑いだろう。広角レンズでは距離計機カメラ有利などと雑誌媒体で聞くが、拙僧には一眼レフカメラのほうが確実で正確に撮影できた。これは今でも思っている。ただ、人間の目が衰えていなければだ。
 ベッサR2を使いだしたのは、格安でキヤノン50mmF1.4が手も入ったのと、目の衰えでライカ判一眼レフカメラのファインダーがきつくなってきたのだ。なるほど、ライカ爺の小言を実感する年齢に達したのである。本格的な実戦は帰郷時の上野・浅草とした。師団に甚大な損害を被りながらもキヤノン35mmF2.8を確保し、決戦のときは来た。
 結局、距離計は使いモノにならなかった。これは拙僧のスキルの問題なのだが、迅速なスナップで距離計の二重像を合わせることができなかったのである。そこで、電信柱で3mと5mにフォーカスをあわせ、距離の感覚を確認してから目測で撮ることとした。フィルムはマコのISO400をつめているし、F8~11のパンフォーカスでいけると踏んだのだ。ボディ質感が良いから撮影は快適である。フォーカスが合っていないのが時に明確なのだが、ファインダーに写る被写体が美しいのでカマワズ撮ってしまう。しかし、困ったことにシャッターが甲高いのだ。しばしば被写体やその周辺の方に気付かれ、振り向かれてしまった。浅草の喧騒でもそうなのだから、本カメラのようなキャンデットフォトに期待を持つカメラとしては問題である。被写体が市井の人物でなければ問題にならないのだろうが。
 後日談なのだが、キヤノンPを使う機会があった。距離計イメージがキヤノンPの方が大きく使いやすい。ベッサR2のファインダーは35mmまでカバーし、キヤノンPは50mmまでだから、倍率とか技術的な事情があるのかもしれないな。
                ☆           ☆
 カメラとしての完成度は非常に高く、安心して使えるカメラである。拙僧が使いこなせなかったのは人間のスキルの問題であり。カメラの欠点ではない。唯一、困ったのはシャッター音であり、音の大きさもさることながら、音域が高いため目立ってしまうのだろう。これはコシナでも周知のことで、完璧なセルフキャッピングの縦走りフォーカルプレンシャッターを実現するためにギミックが必須だったという説もある。
 ちなみに、この種の距離計機カメラには広角レンズを付けたくなるが、廉価で流通するソビエトのユピチェリ(ジュピター)12の35mmF2.8は後玉のでっぱりが干渉して使えないのでご注意いただきたい。



(了:2015/1/21)

カメラメニューへ戻る
「意してプラカメ拾う者なし」へ戻る